手軽に結婚相手探しができるインターネット型の特徴

インターネットをする男性


インターネット型の結婚情報サービスは、
いわゆる出会い系サイトとは何が違うのでしょう。

色々と問題視されるニュースも多い出会い系は、登録が無料で
メッセージのやりとりや掲示板書き込みにポイント課金が発生するタイプが多いですね。

中には男性のみ有料で、女性会員は男性にポイントを支払わせると
収入が発生するシステムすらあります。いわゆるサクラ会員です。

このようなシステムでは到底、
本気の結婚相手などは見つかりそうにありません。



インターネット型の結婚情報サービスは、
基本的な機能を使うためにも入会金が必要です。

決して安い金額ではなく、いわゆる結婚相談所を利用するときと
同じくらいの10万円~20万円程度がかかります。

そして、徹底的な身分証明が求められます。

入会時には年齢や住所、年収の額などを自己申告しますが、
更に証明のために運転免許証や給与明細のコピーを送付して審査を受けます。

身元のしっかりした、結婚に本気の相手が集まっているのです。



中には年収700万円以上、医師のみ、
などの登録条件を設けているサービスもあります。

現実的に言って、やはり高収入は結婚しやすい条件の一つです。

けれど忙しい仕事の結果として高い収入を得ている人は、
出会いの機会がなかなか無いものです。

インターネット型の結婚情報サービスは、
そのミスマッチに応えたサービスと言えます。



このような制限は今のところ男性のみにかかっているサイトが多く、
ゆずれない条件を持っている女性から人気を集めています。

ただし会員の男女比は相当にアンバランスだと思われますので、
女性はより積極的に活動していく必要がありますね。

逆に条件を満たす男性は、比較的待ちの姿勢でも婚活が進みやすいでしょう。

インターネット型のサービスで地域を限定しているところはあまりありませんが、
全国版となっていても、会員数はどうしても首都圏や大都市に偏る傾向があります。

そのため最近は少しずつ、九州、四国、などのスケールで
地域を絞ったサイトも出てきているようです。



このページの先頭へ