出会いの機会を提供してくれる結婚情報サービス型の特徴

結婚情報サービスに務める女性


電車や刊行物で、結婚情報サービス会社の広告を見かける機会も増えてきました。

最近出てきた呼び方ですが、公共の場に大々的に広告を打っているような大手企業は、
結婚相談所というより結婚情報サービス会社と呼んだほうが正確でしょう。

昔ながらの結婚相談所は、出会いから結婚成立まで
一貫したサポートのあるところがほとんどです。

手厚いカウンセリングやアドバイスを受けられる代わりに、
結婚が決まって退会する際、成婚料等の名目で数十万円の費用がかかります。



一方結婚情報サービスは、会員検索やイベントなど、
出会いのきっかけの提供をメインにしております。

結婚に至った場合も成婚料等はかからないのが普通です。

もちろんその代わり、出会いから交際に発展させ結婚できるかどうかは、
ほぼ会員個人の努力にかかっています。

会社のスタッフが仲人のように二人の間を取り持ってくれたり、
一人一人にアドバイスをしたり、といった手厚いサポートは期待できません。

仕事などの理由で出会いの場を作るのが難しいけれど、
機会さえあれば後は自分で行動できる積極的なタイプに向いていると言えるでしょう。




いわゆる出会い系サイトと結婚情報サービスの違いは、
登録している会員の質にあります。

多くのサービス会社で、入会にあたっては、独身者であることを証明するための戸籍抄本や、
年収を証明する給与明細等の提出が義務付けられています。

会費も1年から2年の契約で計20~30万円になり、
本気で結婚を考えている人だけが集まるよう様々な工夫が凝らされています。



こうした結婚情報サービスに登録しておいて、
積極的な異性からのアプローチを待とうと考える人もいるようです。

しかし、残念ながらあまり上手い作戦とは言えません。

こうしたサービスを使う人は、出会いの場をとにかく沢山確保し、
多くの異性と交流を持ちながら相手を決める傾向にあるからです。

アプローチを受けた側も積極的に自分の魅力を伝えていく必要があるのです。

自分の婚活にはどれだけのサポートが必要が、
性格を踏まえてじっくり検討してみましょう。



このページの先頭へ