アドバイザーが相手を見つけてくれる結婚結婚所型の特徴

結婚結婚所で働く女性達


結婚相談所型は、相談所と名が付く通り、入会すると会員一人一人に
担当アドバイザーがついていつでも相談に乗ってくれる結婚サービスです。

その形式から、細やかなサービスを提供しやすい中小規模の会社が多く、
どちらかといえば地域密着の傾向があります。


もう一つのタイプである結婚情報サービス型でも
アドバイザーを頼める会社はあります。

ただ、利用する際には、数万円~のオプション料金を
支払わなければならないことがほとんどです。

入会時などに支払う料金を単純に比べると、
結婚情報サービス型の方が安く見えることが多いです。

ですが、同等のサポートを受けようと思えば、
かかる費用は結局同じくらいになると言えそうです。



婚活は、目的達成までにどれくらいの期間がかかるか全く分からないものです。
初めは誰しも、期待に胸を膨らませて入会します。

当初のプラスの想いが大きい分、数週間や数か月、
目立った成果が出なかったときの落ち込みは激しくなります。

積極性が必要な結婚情報サービス型ですと、
この時点で諦めてしまう会員も多いそうです。



そのようなときに励まし、次の一手を考えてくれるアドバイザーの存在は心強いものです。

また最初にアドバイザーと面談する時、
自分の希望する条件をしっかり固めることが出来ます。

結婚相手に求める条件が自分でもうまく言葉に出来なかったり、
現実離れした夢物語になっていたりしては、婚活にかける時間は無駄になってしまいます。

そのような無駄を初めから省くのが、アドバイザーの役割なのです。



アドバイスの内容は、一人一人に合わせて多岐に渡ります。

異性とのお付き合いに慣れていない会員には、
デートのシミュレーションをしてくれる所もあります。

相手も自社会員である場合は、アドバイザー自身向こうのタイプや好みが分かっていますから、
それに合わせたアドバイスが受けられるでしょう。

またデート後にも二人の仲を取り持ち、
合いそうな相手との結婚が実るまで根気強くサポートしてもらえます。



このページの先頭へ