結婚相談所を利用するメリットとデメリット

結婚結婚所に登録する女性


結婚相談所を利用するデメリットは、第一に資金面でしょうか。
地域によっても異なりますが、まず入会金が10万~20万円かかります。

その後は婚活が終了するまで、月額数万程度を払っていくのが相場のようです。
これは単純なデメリットというより、結局それだけの金額を払う価値があるかどうかの問題ですね。

結婚相談所と自力の婚活を比較すると、まず入手できる異性の情報量が大違いです。
最初に自分の理想を話し、目標とする結婚相手の条件を固めてから、相手を探してもらえます。


次のメリットとしては、出会える異性の真剣度が違います。
相手も結婚相談所に登録している男女ですから、はじめから結婚が前提と分かっています。

日常生活で偶然あるいは、自力で頑張って理想の相手に出会えたとしても、
結婚できる条件を備えた人物というわけではりません。

それこそ既に結婚していたり、それなりの相手がいたりするものです。
そうしたリスクを負う必要がほとんどないのは、結婚相談所の大きな利点です。


相談所の姿勢によっては、相手探しはほぼお任せで、自分磨きに専念できるかもしれません。
その自分磨きも、結婚相談所のアドバイスに従えば、かなり的確な方向性を掴めるようです。

自力の婚活で注意しなければならないのは、自分勝手な思い込みで見当外れの努力をしてしまい、
時間とお金を無駄にしてしまうことです。

経験豊富な結婚カウンセラーをきちんと味方につければ、この無駄を省くことが出来ます。


金銭面以外で気になることといえば、やはり周りからの視線です。
結婚相談所が主催するパーティーやお見合いなどで、周囲の目が気になったという話はたまに聞きます。

自力で恋愛・結婚できない人と見下されているように感じて、卑屈になってしまう利用者もいます。
また、婚活を頑張っていることは秘密にしたい場合もあるかもしれません。

知り合いとの遭遇を避ける工夫は、どの結婚相談所もある程度してくれますが、
やはり不安を感じる人はいるようです。



このページの先頭へ