結婚相談所での婚活を上手に行うポイント

婚活をする女性


結婚相談所を利用してスムーズに結婚できる人には、
前向きで素直、諦めないという特徴があるそうです。

普段の人間関係と同じく、婚活の中でも上手く行かないことは沢山あります。

それらの過去に落ち込み過ぎることなく、アドバイザーに責任転嫁することなく、
前向きに行動を重ねていける人は多少条件が厳しくても早々と結婚を決めるそうです。

勿論がむしゃらに行動するだけでは結果に繋がりませんから、
アドバイザーの言うことを素直に聞き入れる心も必要です。



また、最初が肝心ということもよく言われます。

1回目の面談できちんと条件を詰め、
途中でぶれることは出来るだけ避けましょう。

せっかく適切な相手が見つかり交際を重ねているのに、
最後の最後で気持ちが揺らぐ人もいるそうです。

そのような人の多くは、今までに恋人がいてもなかなか踏み切れず、
結婚のタイミングを逃した結果として相談所を訪れているようです。

もともとの思考回路を変えるのは難しいということでしょうが、
是非ともここは乗り越えたいところです。



ただし当然ながら、婚活を進める中で何度も戦略を練り直すことはあります。

その際も担当アドバイザーの意見を聞きながら、
客観的に軌道修正することが必要です。

自分一人では、一見あれこれ戦略を考えているようでも、
ただ気持ちがぶれているだけの場合があります。

確かに結婚は人生を左右する決断ですから、条件だけが揃っても、
何故か気持ちがついていかないことはあるでしょう。

そのような時も孤独に悩むのではなく、
担当者にそのまま打ち明けたほうが良い結果に繋がります。

ここでも、素直さが大事というわけですね。



具体的な対策として、最初にアドバイザーと
結婚の期限を決めてしまうという手があります。

目標期日を定めることで、いたずらに悩んで月日を浪費することを避けられます。

恋愛自体に縁の無い状態で、1年後には結婚、といった目標を立てるのは抵抗があるかもしれませんが、
今までに沢山のカップルを成立させたアドバイザーが現実的な目標だと認めれば、自信が持てますよね。

その自信こそ、婚活成功の重要な第一歩になるのではないでしょうか。



このページの先頭へ