結婚相談所での交際の進め方と上手なお断りの仕方

交際する女性


結婚相談所での婚活をスタートして何人か紹介を受けた場合、条件が合致しお互いに気に入れば交際が始まります。

まだ結婚相談所を始めたばかりの頃は、どのように交際を進めていけば良いのか分からない人も多いでしょう。

最初の異性との出会いですが、結婚相談所によっては、カウンセラーから毎月何人か一定の決まった人数を紹介されるパターンと、登録まではコーディネーターが付き添って、その後は個人の自由で気に入った人に応募出来る場合もあります。

また、相談所が毎月独自の情報誌を発行している場合があり、プロフィールが掲載された後に異性からアプローチが来る場合もあるので、登録した所がどのようなシステムを採用しているのか確認しましょう。


容姿端麗、高収入等、人気が高いプロフィールを持っている場合はとても多くの人からアプローチされる可能性もあって、その中からやり取りを出来る人を選ぶことは難しいかもしれません。

自分の中で、ある程度の基準やこれだけは譲れないという条件を設けておいて、それに合致していない場合は最初から連絡を取り合わないほうが懸命です。

気に入った人がいれば、連絡を取って印象が良ければ実際に会ってデートに進むのが一般的です。

デートでは、ただ楽しむだけでなく、将来の伴侶になる可能性があるのですから、内面や外面、金銭感覚なども見ておきましょう。

会う前とは印象が大きく違ってこれ以上は進展しそうにないと判断すれば、断りを入れるのが常識なのですが、結婚相談所のカウンセラーに断りをお願いする場合と、自分自身で断る場合とに別れます。


注意しなければならないのが、相手に悪いからと何も言わずに連絡を絶つ人がいますが、これでは相手に逆に失礼に当ります。
相手が傷つく可能性もあるため、本当の理由を話す必要はありませんが、縁が無かったということを伝えれば良いでしょう。

結婚相談所では一つの出会いが終われば、次にすぐ進むことが出来る利点があります。
落ち込まずに前へ進みましょう。


このページの先頭へ