30代男女の結婚観と結婚相談所の利用

30代の男女


30代に入ると、友人の結婚や出産のラッシュや親から結婚をせかされて、
見えない焦りやプレッシャーを感じる人も多いようです。

20代では結婚を特に考えていなかった人も、
意識せざるをえない状況におかれるのが30代と言えるでしょう。

なぜ結婚しようと思ったかという30代を対象としたアンケートでは、
適齢期だから、30歳という区切りがあったからなどがあります。

他にも、早く子どもが欲しい、また、パートナーが望んでいたからという意見が大多数です。



30代の男女ともにいえることですが、結婚をしているという一種のステータスを持つと、
周囲からみて社会的信用を得る事が出来るという結婚観が前提にあるのです。

日本社会においては、少しずつ女性が社会に進出しやすくはなっていますが、
安心して定年まで働けるという保障はまだまだ確立されていないです。

そのため、独身のままでは老後の不安を覚える人も多いのではないでしょうか。

30代まで着実にキャリアを積んでいる女性の場合は、
結婚することによって今までのポジションを失いたくないという意見もあります。

特に子どもが出来たら社会復帰出来ないと考えて、
結婚に勇み足を踏んでしまう人もいるようです。

しかし、東京や大阪など都会では30代40代で結婚することは珍しくありませんが、
少しでも結婚したいという気持ちがあるならば、早めに婚活をしておいて損はないでしょう。

男性はある程度の社会的地位があると何歳を問わず結婚することは可能かもしれませんが、
女性の場合はやはり年齢がネックになってきます。



そんなときお勧めしたいのが、結婚相談所の利用です。

会員制ですし、身元がしっかりした結婚に前向きな人のみが登録していますから、
合コンやパーティーなどと違い、相手探しに時間の無駄がありません。

入会基準を設けている相談所の場合は、さらに厳しい審査に合格した人だけが入会していますから、
結婚に慎重な人や今まで異性と接点が無かった人にもお勧めです。

プレッシャーに思い悩むのではなく、
理想の人と出会うチャンスがあると前向きに捉えて婚活は進めたいものですね。



このページの先頭へ