結婚アドバイザーとの上手な付き合い方


1対1の細かなケアを売りにしている個人~中小規模の結婚相談所では、結婚アドバイザーとの相性が婚活の成否を分けます。
基本的な姿勢としては、豊富な知識を持った婚活のプロとして、素直にアドバイスに従うのが良いでしょう。
アドバイスは結婚相手に求める条件の内容から、あなたのファッションや会話術まで多岐に渡ります。
それまでの自分を否定されたと感じ頑なになってしまうと、結局何ら状況が変わらないだけでなく、アドバイザーとのコミュニケーションもぎくしゃくしてきます。
自分磨きの良い機会だと思って、変えるべき部分は変えていきましょう。

特に何度かお見合いに挑戦しても成果が出ないとき、担当アドバイザーに責任転嫁する気持ちが芽生えがちです。
実際に相手と会って話をしたのは自分自身なのですから、八つ当たりの感情は抑えましょう。
アドバイザーは相手からも自分の印象を聞いているはずなので、マイナスになってしまった部分を冷静に聞いて、改善していく心構えが大切です。

それでも人間同士ですから、どうしても相性が合わないケースは出てきます。
その場合は早めに、結婚相談所の事務局へ申し出ましょう。
複数人のアドバイザーが在籍している相談所なら、担当を替えてもらえる可能性があります。
個人や、ごく少人数の結婚相談所ですと担当替えは難しくなりますし、相性が合わずに退会しても支払い済みの入会金等が返ってくるかは分かりません。
そのため入会前に、慎重に検討する必要があります。

お見合いを重ね、本命の相手と交際がスタートしても、時折アドバイスを求めるのが良いでしょう。
順調に見えても月に一度ほど、報告を兼ねてカウンセリングを持つのが理想的です。
月額料のある相談所では、月に何回までカウンセリング無料などと定められていることがほとんどです。
半分世間話になったとしても、仲良くなった担当者から思わぬアドバイスが貰えることもあります。
次のデートにおすすめの場所はありますか、など、小さな疑問でも良いので質問してみましょう。


このページの先頭へ