登録から成婚までの具体的な流れ

成婚したカップル


結婚相談所や結婚情報サービスに登録して、あとは待つだけとはいきません。
費用が安く、スタッフのケアも最小限の結婚情報サービスに登録したなら、自分で相手を検索してお見合いを申し込んだり、サービス側が提供するイベント等に積極的に参加することが肝心です。
このような自力型のサービスを利用する場合は、気になる相手と出会うことができれば、あとは通常の恋愛と同様に交際していくことになります。
サービスの利用は、ある程度真剣なお付き合いになった時点で解約することが多いようです。

もう少し細やかにアドバイザーからのケアが受けられるサービス、またはカウンセリングを主体とした結婚相談所に登録した場合はどうでしょう。
基本的には初回の面談で自分の理想とする条件を固め、アドバイザーとの共通認識を持ちます。
次の面談で結婚相談所から何人か候補の紹介があり、選んでからお見合いを設定します。
日時や場所の設定は基本的にアドバイザーが行います。
ある程度の規模の企業が経営する結婚相談所では、お見合い専用のブースが設けられ、時間も決まっていることがあります。
小さな結婚相談所では、地元に詳しいアドバイザーからお勧めのデートスポットなどを教えてもらうことが多いようです。

一度会ってみて、お互いに良さそうだと感じたら交際がスタートします。
大抵の場合、本人同士が直接連絡先を交換することはありません。
会った後にそれぞれがアドバイザーへ相手の印象を伝え、二人とも希望すれば連絡先が伝えられます。
そこからは通常のお付き合いと同じです。
交際を重ねてプロポーズが成功すれば、結婚相談所へ報告をして退会となります。
相談所によっては、相手が見つかり交際を続けている期間も細かなケアが入ります。
営業センスのあるベテラン主婦が一人で運営し、口コミで広がっているような結婚相談所ですと、お節介と言えるくらいの介入も珍しくないようです。
これが良い意味でのお世話になるか、ただのプレッシャーになるかは、あなたとアドバイザーの相性次第です。
秘密に婚活を進めたい場合は、電話連絡は避けるように予めお願いしておくと良いでしょう。


このページの先頭へ