結婚相談所入会時に必要な書類は?

書類を準備する女性


結婚相談所への入会に最低限必要な書類は、本人確認書類と独身の証拠となるものです。
本人確認書類は免許証やパスポート等で、独身の証明は戸籍抄本で行えます。

それぞれのコピーを提出し、審査に通れば入会できます。
今のところ男性のみ、定職に就いていることが要件というサービスも多いですね。

この場合は会社の身分証明書や、社会保険の保険証などのコピーを提出することになります。

また、年収の証明として直近の給与明細か源泉徴収票の送付も必要なことが多いです。

自営業の場合は確定申告の控えを提出するか、役所で所得証明書を取得しなければならないようです。


サービスによっては、それ以上の証明が求められます。
例えば医師限定の結婚情報サービスに登録するのであれば、医師免許のコピーが必要です。

四大卒限定であれば、卒業した証拠が必要となります。

卒業の証拠といえば卒業証明書を母校に発行してもらうのが一般的ですが、大抵の結婚相談所では、卒業証書のコピーでも可としています。

そしてほとんどの場合、プロフィールに掲載する写真が必要です。

写真の枚数等は相談所によって違うので、規定の範囲内であなたの魅力が十分伝わるよう工夫しましょう。

複数枚掲載できるなら、スーツ姿と私服など、自分の色々な面を表現した写真が良いそうです。

プロのカメラマンによるスタジオ撮影の料金が、入会金に含まれている相談所もあります。


書類の送付は郵送でも受け付ける所が多いのですが、入会までに最低1回の面談が必要となっているのが普通です。

お互いの信頼に基づいて活動しなければならないので、この条件は納得できますね。

ただ最近ではオンラインで登録完了するサービスも登場しています。

大半が本人確認書類のみで登録でき、入会金は1,2万程度の低額のサービスです。

審査が楽に済むのは嬉しいですが、異性の方もそうした甘い審査だけで入会した会員です。

悪意があったり、実は結婚に真剣でない人と出会う可能性を考えると、少し不安ですね。


このページの先頭へ